ナノインパクト100は他の育毛剤と比較して浸透力が違います

最近注目を集めている育毛剤がナノインパクト100です。

従来商品『ナノインパクト』をさらにパワーアップさせた商品となっています。

ナノインパクト100という商品名通り、ナノカプセルを100兆個配合している育毛剤です。

従来のナノインパクトは60兆個だったので、40兆個もプラスされています。

1日の目安使用量の2mlに対して約3.3兆超のナノ粒子を頭皮に浸透させることができます。

ナノインパクト100

140nmを実現

どんなに髪の毛に有効な成分が配合されているとしても、毛根までその成分が浸透しなければ意味はありません。

ナノインパクト100は毛根までの浸透力に着目して開発されました。ナノ粒子サイズとは140nmのことを指します。

140nmと言われてもピンと来ないと思いますが、毛穴の200万分の1くらいの大きさだと少しはイメージできると思います。

頭皮に付着している皮脂を簡単にすり抜けて、毛根の奥深くまで成分を浸透させることができるのです。

12時間以上の持続力

ナノインパクト100は単に浸透力が優れているだけではありません。

浸透力に関しても他の育毛剤と比較して非常に優れています。

PLGAナノ粒子は頭皮内部の水分によって徐々に分解される仕組みになっています。内包した成分を12時間以上という長時間にわたって放出します(驚)

つまり1日2回使用することで24時間ずっと成分を毛根に浸透させ続けることができるのです。

配合されている成分

ナノインパクト100には合計43種類の成分が配合されています。

エチニルエストラジオールやセンブリ抽出液、トレハロース、冬虫夏草エキス。ヒキオコシエキス、ツバキエキス、ダイズエキス、ジオウエキスなどが含まれています。。

国家プロジェクトから誕生

なぜナノインパクト100はナノ粒子を採用した育毛剤を開発できたのでしょうか?

実は販売元のホソカワミクロンは岐阜薬科大学と共に経済産業省の国家プロジェクト『医療用のナノ技術開発』に取り組んでいる企業なのです。

最先端の粒子技術と薬物伝達(DDS)技術を育毛剤に応用することによって、ナノインパクト100が誕生しました。

使い方

ナノインパクト100の使い方は他の育毛剤とほとんど変わりません。

1日2回、生え際や頭頂部など、薄毛が気になる箇所に塗布して揉み込んでください。

そして爪を立てずに指の腹で頭皮に揉み込むようにマッサージをして血行を促進させましょう。

頭皮が清潔な状態で利用するとより効果的なので、洗髪後に髪の毛を乾かした後に使用することをおすすめします。

また、注意点としてはPLGAは熱に弱い特性があるので、ナノインパクト100を使用後すぐにドライヤーを使用することは控えて下さい。

塗布後に乾かす場合は自然乾燥させるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です