頭皮の痒みを放っておかないでください!頭皮環境を整える方法とは・・・

あなたは頭皮が痒くなることはありませんか?頭皮に痒みを感じる場合は正常な頭皮環境ではないことを意味します。

痒くて掻きむしってしまうと、頭皮を傷付けたり髪の毛にもダメージを与えてしまいます。

そのまま放っておくと髪の毛に悪影響を与えて薄毛やハゲになる原因になる恐れがあります。

頭皮の痒みの原因は一つではありません。実際にどのような原因があるのかを見ていきましょう。

頭皮の痒み

皮脂分泌が多い

毎日髪の毛を洗っているのに頭皮や髪の毛がベタベタしている場合は、皮脂が過剰に分泌していることが考えられます。

皮脂が必要以上に分泌していると毛穴を塞いでしまい、皮膚炎になる恐れがあります。

皮膚炎になることで髪の毛にも悪影響を及ぼすので十分に注意をして下さい。

<頭皮の痒みは皮脂バランスの崩れが原因>

頭皮に痒みを感じる主な原因は皮脂のバランスが崩れているためです。頭皮には数多くの毛穴があり、皮脂腺が集中しています。

この分泌される皮脂の量が痒みを引き起こします。皮脂バランスが崩れることで、頭皮環境が悪化して炎症やニキビ、湿疹などができて痒みを感じます。

出典:どうして頭が痒くなるの?頭皮が痒くなる原因とその改善方法を解説します

乾燥肌のケース

乾燥肌の場合にも頭皮に痒みを感じることがあります。上記の皮脂が過剰に分泌しているケースと真逆の状態ですね。

頭皮に皮脂が少ないことでバリア機能が低下して、フケなどが多く発生して痒みを感じることがあります。

アトピー性皮膚炎の場合でも頭皮が乾燥して痒みを感じます。

その他にはシャンプーの洗い残しによっても痒みを感じるケースがあります。

育毛剤の影響

育毛剤を使用し始めたことがきっかけで痒みを感じることがあります。

配合されている成分の中にアレルギー反応を及ぼすものがある場合は気を付けましょう。

実際に育毛剤の使用上の注意として頭皮の痒みを掲載している商品もいくつか存在します。

頭皮の痒みの対処法

頭皮の痒みを抑えるためには頭皮環境を整えることが大切になります。

頭皮環境を整えたいのであればスカルプシャンプーを使用することをおすすめします。

皮脂が過剰に分泌している場合は、ラウラミドDEAやラウラミドプロピルベタインなどの成分が配合されているスカルプシャンプーを選びましょう。

頭皮の汚れと皮脂をしっかりと落とすことができます。

乾燥肌の場合はヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムやヘキサンジオールなどの保水性成分が配合されているスカルプシャンプーを選びましょう。

頭皮に潤いを与えて乾燥を防ぎ、痒みを抑えることができます。

シャンプーの仕方

毎日のシャンプーの仕方にも気を付けて下さい。

髪の毛を洗う際に爪を立てないようにしましょう。指の腹を使ってマッサージするように洗髪するようにしてください。

そしてすすぎは入念にしましょう。シャンプーの成分が頭皮に残っているとフケの原因となって痒みが出ます。

髪の毛を乾かす際も注意が必要です。ドライヤーを使用する場合は設定温度を高くし過ぎないでください。熱風で髪の毛がダメージを負います。

痒みの心配がない育毛剤

そして育毛剤の使用で痒みを感じる場合は、濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)を使用してみて下さい。

ブブカはノンアルコール製法にこだわって作られています。頭皮にダメージを与えずに育毛成分をしっかりと浸透させることができます。

「M-034」という成分が配合されています。「M-034」は昆布などの褐藻類に含まれる成分で、育毛を促進して退行を抑制する働きがあります。

おそらくブブカなら毎日使用しても頭皮が痒くなることはないと思います。通常価格は16,200円(税込み)となっていて、少し高額ですが、高い育毛効果が期待できます。

ネット通販のみで販売されているので、興味がある方は公式サイトで詳細を確認してください。

検索エンジンで「ブブカ 育毛剤」と検索すれば、公式サイトが第1位に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です