薄毛の改善・育毛に効果のある食べ物を詳しく教えて!

薄毛を改善するためには育毛剤を使用する方が多いですが、実は食べ物に気を付けることでも育毛効果を高めることができます。

当然のことですが、髪の毛は身体の一部です。身体は食べ物に含まれている栄養から作られます。

毛根に必要な栄養を血液によって送り込むことで髪の毛の成長を促します。

ではさっそく髪の毛の成長に役立つ食べ物・栄養素を見ていきましょう。

料理

大豆

大豆にはたくさんのイソフラボンが含まれています。このイソフラボンは女性ホルモンのような働きを持っていて、男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できます。

薄毛・ハゲになる原因として男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンを作り出すことが挙げられます。

イソフラボンの作用で男性ホルモンの働きを抑制することで薄毛の進行を抑えることができます。

唐辛子

唐辛子にはカプサイシンが豊富に含まれています。このカプサイシンには血行促進・発毛促進効果が期待できます。

唐辛子を含まれる料理を食べると血行が促進されて汗をかくと思いますが、これはカプサイシンの働きなのですね。

さらに上述している大豆(イソフラボン)とカプサイシンを一緒に摂取することで、体内でIGF-1という成長因子になります。

イソフラボンとカプサイシンは毛根の知覚神経を刺激してCGRPが分泌されます。そしてこのCGRPがIGF-1を分泌させる働きがあります。

IGF-1の分泌によって毛母細胞を刺激して髪の毛の成長を促すという仕組みになっています。

海藻類

ワカメや昆布などの海藻類も髪の毛には欠かせない食材です。

海藻類にはフコイダンという成分が含まれています。ワカメや昆布を触るとヌルッとした感触がありますが、このヌルヌルの元がフコイダンなのです。

このフコイダンにもIGF-1を増やす効果が期待できるため、髪の毛に良い食材だと言われる所以です。

亜鉛

亜鉛は髪の毛の作り出すケラチンの生成をサポートする働きがあります。

逆に亜鉛が不足してしまうと髪の毛を正常に成長することが難しくなります。亜鉛は体内では生成することができないので意識して摂取する必要があります。

亜鉛を多く含んでいる食材としては牡蠣が有名ですね。その他にはニシンや鶏肉、豚肉、レバー、卵、チーズなどにも豊富に含まれています。

食べ物だけでは改善しない

上記で紹介した食材は確かに髪の毛の成長に欠かせないものばかりですが、これらの食材を食べ続けるだけでは薄毛は改善しません。

あくまで補助的な目的で摂取するようにしましょう。

しっかりと薄毛を改善したいのであれば育毛剤を使用するか、もしくはAGA治療を実施してください。

特にある程度薄毛の症状が進行している場合は本格的なAGA治療を実施することをおすすめします。

AGA治療の方法によって支払う治療費は異なりますが、ミノキシジルやプロペシアによる基本的な治療の場合は月15,000円程度となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です