症状が軽いうちから育毛対策を始めよう

年齢を重ねるにつれて気になるのが頭皮の薄毛です。

30代を過ぎたあたりから、毛髪量が減ってきて頭皮が目立つようになってくる男性が徐々に増えていきます。

薄毛になったりハゲたりすることは別に悪いことではないのですが、周りから馬鹿にされたりするため、できればハゲたくはないと考えている方が多いです。

薄毛

ハゲ方の種類

男性が薄毛になってハゲる場合はいくつかのパターンに分類できます。

U字ハゲ

生え際全体から徐々に薄毛が進行しているタイプです。日本人に多いハゲ方だと言われています。

中には頭頂部と同時に進行していくケースもあります。

O字ハゲ

頭頂部付近から薄毛が進行していくタイプです。頭頂部は鏡などでも確認することが難しいので、薄毛が進行していることに気付かないことが多いです。

実際に自分で気付く頃には結構進行しているケースがあるので注意をして下さい。定期的に手鏡などを使用して頭頂部をチェックする癖を付けましょう。

M字ハゲ

生え際の両サイドから薄毛が進行していくタイプです。剃り込みを入れているようなイメージですね。

M字ハゲは比較的白人に多いハゲ方だと言われていますが、日本人にも見られる症状です。

薄毛・ハゲになる仕組みとは・・・

なぜ髪の毛が薄くなっていくのでしょうか?

髪の毛はヘアサイクルによって成長していきます。成長期・退行期・休止期に分類されていて、これらが循環しながら髪の毛が生えてきて、太い毛に成長して、そして抜け落ちていきます。

ヘアサイクルに異常が起こることで成長期の期間が短くなります。成長期が短くなると髪の毛が十分に太くなる前の細い状態で成長して抜け落ちてしまいます。

髪の毛が細くなることで頭皮が目立ち始めます。そしてさらにヘアサイクルが悪化すると、本数自体も減少していき、いわゆる「ハゲ」の状態になるのです。

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルが乱れる原因はいくつか存在します。

中でも一番大きく影響を与えるのが男性ホルモンです。但し男性ホルモンの分泌量が多いだけでは薄毛にはなりません。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α-リダクターゼと結び付き、ジヒドロテストステロンという物質を精製することで髪の毛に悪影響を及ぼしてヘアサイクルが乱れます。

その他には頭皮の脂漏が挙げられます。頭皮の脂は外部からの刺激を防ぐ重要な働きがありますが、必要以上に分泌されると毛穴が詰まって髪の毛の正常な成長を妨げます。

育毛対策を始めよう

頭皮が薄くなってきたり、ハゲ始めてきたとしても諦めないで下さい。

症状が軽ければ、育毛ケアを実施することで症状が改善することができます。

最近では技術の進歩によってさまざまな育毛対策が可能になっています。

例えば、比較的症状が軽ければ、育毛剤を使用することでも効果を発揮します。

中程度まで薄毛が進行していたとしても、病院でAGA治療を受けることで改善が見込まれます。